スカイメイトで行く!夏のミステリー一人旅!!


 2007年6月。仕事が忙しくなかなか休みが取れないこうふくは疲れとストレスが溜まっていました。やっととれたたった2日の休みにそれを発散しリフレッシュしたいと思いました。

 旅行を計画する時間が無く、ネットで全日空のHPを覗く程度でした。そこで見つけたのがスカイメイトという22歳未満であれば当日出発空港で空席がある限り、およそ半額程度で搭乗できるという制度です。旅割や超割といった制度もありますが、会社員のこうふくは1ヶ月以上先の予定なんてたちません。スカイメイトは予約できない欠点はありますが、当日の気分で行き先を決めることもできます。旅行しようと決めたのは6月20日(水)、出発の6日前です。実は「日本列島ダーツの旅」とかしたかったんですが、1泊2日となると厳しいかな。到着空港周辺をうろうろするだけになりそうです。

 6月21日(木)、沖縄地方が梅雨明けしました。この時点では沖縄に行こうと思っていました。美ら海水族館に行ってみたいです。しかし、この時点で午前中の那覇行きの空席は残り僅か。週間予報では晴れなので大丈夫かなと思いました。

 6月24日(日)、この日思い立ったのは仙台支店の同期のところに遊びに行って松島を見て牛タンを食べたいなとか考えていました。

 そして出発前夜。明日の天気を見ると、札幌→晴れ時々曇り10%、仙台→雨60%、福岡→晴れ10%、沖縄→晴れ一時雨40%といった感じです。別に梅雨の福岡に居ても晴れなんだ。でも札幌優位。午前8時発の千歳行きでも乗ろうかなと思っていました。

 6月26日(火)出発当日。午前4時30分起床、午前6時9分発三萩野(北九州市小倉北区)から福岡空港行き高速バスに乗ります。三萩野バス停で運転手さんが降りてきて「この便は予約のお客様で満席です。」と。もちろん予約をしていないこうふくは「次の便か」と諦めました。そしたら運転手さんが「補助席になりますが…」との言葉に乗ってしまいました。

 高速バスは出発し、北九州都市高速を12分遅れで走り、「車内混雑のため遅れております。福岡空港国内線ターミナル到着予定時刻は7時32分を予定しています。」とアナウンス。航空券の購入は20分前までに済ませなければならないので、8時の千歳行きに乗るためには7時40分までに発券カウンターで購入しなければならない。12分遅れだったら何とかなるだろうと考えていた。
 
 黒崎ICで一旦下車、引野口で乗降に時間がかかり更に遅れる。再び都市高を走り高速千代で停車、そして九州道へ合流。直方PAと若宮ICで停車し、福岡へ向かう。ここで非常事態が発生した。前の席のお客さんの3歳ぐらいのお子さんがトイレがしたいと。若宮ICが最後の停留所だったため、降りることができない。次の福岡ICでは九州道から直接福岡都市高速に入るため、停車ができない。それで通常では停車しない立花山バス停で停車、トイレタイム。再出発し、都市高を経由して国内線ターミナルに21分遅れの7時41分着。一か八かで発券カウンターに行ってみたけれど、8時発の千歳行きはダメだった。「9時20分の那覇は空いてますか?」ときいたら満席とのこと。カウンターのお姉さんの「11時10分の札幌新千歳行きは空席十分にございますが…」との言葉に札幌行きを決めた。

 売店で札幌のガイドブックを購入し、3階ラウンジで3時間ほど待つことにしました。

2007.6.27Wed 完成

[ 次のページ ]

Happy City TOP

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO