★今回の1枚★
今回の1枚

2006年11月21日(火)撮影 大分県九重町 九重”夢”大吊橋 北方ゲート

 「今回の1枚」は不定期更新で写真を掲載していきます。今回は九重”夢”大吊橋です。平日でも大混雑の大吊橋の裏技を紹介します。

 大吊橋は平日も大盛況で周辺道路は大渋滞、大吊橋への入場も3時間待ちという状況です。前回は渋滞と行列で大変だったので、今回は裏技を使い、渋滞に遭遇することなく行列に並ぶことなく大吊橋を渡ることに成功しました。

 大吊橋には2ヶ所の入り口があります。メインの入り口の中村、対岸の北方です。

 中村には大分自動車道九重ICからアクセスできます。案内板も多数あり、土日祝日は激しい渋滞です。九重IC出口では料金所の処理能力を超える乗用車や観光バスが押し寄せるため、本線まで渋滞することがよくあります。ETCは設置されていますが、1レーンしかなく交通量が増えると一般共用レーンになってしまうためあまり効果がありません。高速道路をおりて一般道に出ると、大吊橋への案内板がありますのですぐに分かります。大吊橋中村側には大型車(観光バス)、普通車の駐車場があります。大吊橋隣接の駐車場は無料ですが、周辺に民間有料駐車場(普通車300円〜1000円)があります。無料駐車場へ入る車で平日でも数キロ、休日は10キロ以上渋滞することがあります。こうふくが11月14日(火)に中村駐車場へ行った時は九重町中心部から2時間ほどかかりました。吊橋への入場に1時間ほどかかりました。中村には軽食やお土産屋さんも完備しています。ブルーベリーのソフトクリーム(300円)がおすすめです★

 北方には混雑する九重ICを避け、湯布院ICから県道11号やまなみハイウエイ経由でアクセスできます。福岡方面から通行料金が高くなりますが、早いです。案内板は少なく、狭隘な道路もあります。北方には普通車65台の無料駐車場があります。周辺にも民間有料駐車場があります。こうふくが11月21日(火)に北方駐車場に行った時は湯布院から渋滞停滞することなく、スムーズにアクセスできました。無料駐車場はほぼ満車状態でしたが待つことなく入ることができました。そしてチケット購入し入場に待つこともありません。
北方から入場の欠点は橋を渡り終わる前に引き返さなければなりません。もし、橋を渡ってしまうと上記の写真にあるように中村側の行列の最後尾に並ばなければなりません。それとお土産屋さんは中村側にしかありません。

 北方へアクセスされる方は場所が分かりづらいので事前に地図やカーナビでチェックしてくださいね。

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO